私と太陽
b0122915_10552493.jpg




森の朝


木々の隙間に


夏至の太陽


新しく生まれた光



その旅も

こころのどこかに辿り着く




(アメリカ、バスレイク)
[PR]
# by sachibaru | 2008-07-02 10:58
満月
b0122915_11113674.jpg




日没とともに


ちいさな


赤く焼けたような


満月ひとつ




ゆるゆるとのぼる




あたりが暗くなるのと


月が天に上がるのと


それをじっと見ていた




神人(かみんちゅ)が


祈りの歌をうたう






(沖縄、ヤハラヅカサ)
[PR]
# by sachibaru | 2008-06-06 11:15
今もそこに
b0122915_1423655.jpg





じっと見る


その、果てなき地平を


見ながら思う


なぜ、ここにいるのかと


足元の雪も


岩の尖りも


馬の手綱も


この、とてつもない冷気も


すべていまあるものたち


果てしない空と大地を見る




そして、今もそこにいる




(モンゴル・ウルギー)
[PR]
# by sachibaru | 2008-06-03 14:13
食べる喜び
b0122915_10233667.jpg





朝の市場へ行く


冷気と湯気が街を満たす


早起きの母さんたちは強い


早起きの男たちは笑う



どの道にも店が充満し


煮炊きする匂いは身体を目覚めさせる



朝からたくさん食べる


1日が始まる





(韓国・ソウル)
[PR]
# by sachibaru | 2008-06-02 10:29
晴れる
b0122915_22202199.jpg




富士山が晴れたら


日本中が晴れている様な


そんな気がした





さっぱりとした


輝く山


ありがとう




(静岡県、富士山あたり)
[PR]
# by sachibaru | 2008-05-26 22:29
朝が来た
b0122915_2545155.jpg




きっと誰もが睡眠する


そしてゆるゆると目を開く


そう思えるような


朝のはじまり




朦朧と


夢から立ち上がるみたいな


そういう朝が


私は好きだ





(上高地)
[PR]
# by sachibaru | 2008-05-22 02:59
その先を知らない
b0122915_23485750.jpg




海からの風を感じる


当て所もなく曲がる


小径はどんどんと狭くなり


しぜん空も細くなる




わかれ道を右にのぼる


なだらかに上がる


少し海も見える


なのにまだ上へと向かう



誰も知らないその道を


生まれてはじめて


行ってみる





(兵庫県赤穂市坂越)
[PR]
# by sachibaru | 2008-05-17 00:03
春、
b0122915_0334434.jpg




朝、起き出してぶらぶらと歩く


何もないところを目指す


何もないなんてない


なさそうなところには何か強く惹きつけるものがある



辿り着いて、そう思った





(京都、とある宿坊)
[PR]
# by sachibaru | 2008-05-03 01:51
◎ 太陽 ◎
b0122915_23512547.jpg



ずっと降りそそぐ太陽


水に

草に

土の道に


たくさんあたたかい光線をうけて

いのちをつなぐ


太陽のくれたいのち



(山梨県大泉村)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-29 00:02
百合を買う
b0122915_211356.jpg




本屋に行く

立ち読みが長引く


蕎麦屋に入る

冷やしたぬき


参道を歩く

今日は詣らない


そして、めづらしく花屋へ寄る

あれやこれやと眺め回して

やっぱり百合を買う


白い百合



(さいたま裏門通り)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-24 02:15
朝を祈る
b0122915_157630.jpg





早朝の時間


太陽がすべてを照らす


土の

水の

屋根の

草花の

いきものすべての

温度をゆっくりと温める



そして

朝の忙しさ

静けさ

清め

跪き

祈る


八百万を




(広島県宮島)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-21 15:11
暮らしの町
b0122915_3571427.jpg





遠い町


最果ての町



どこまで行っても

そこに日々の暮らしはある


看板のない店が並ぶ

野菜、肉、菓子


零下の町に笑顔の人たちが行く





(モンゴル、ウルギー)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-18 04:07
南国星の夜
b0122915_1272525.jpg




南の島の夜


ゾウリの砂を踏む音だけが響く


木が揺れる


海の香り


すぅと大きく息を吸う


南の夜



(沖縄県玉城)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-08 12:10
空を行く
b0122915_122587.jpg




銀杏が色づく季節


広い土の道を踏みしめ踏みしめ歩いた


屋根がある


墨色した静かな屋根と青の空


旅をする行列の飾り



三蔵法師かな




いま、旅にきていた




(韓国ソウル)
[PR]
# by sachibaru | 2008-04-03 12:29
木のしてきた旅
b0122915_1854335.jpg




どこからともなくやってきた


ごろごろごろと


ただ、ごろごろごろと流れのままに



その木はいつから

いつから流木と呼ばれるんだろう


何を見てきたんだろう




(北海道広尾郡浜大樹)
[PR]
# by sachibaru | 2008-03-31 18:57



旅で見つけたあれとこれ
by sachibaru
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧